マ・アールマリア

マ・アールマリアHPからリンクされた、詳細説明のためのブログです。治療家の為のヒーリングセミナーの詳細・及びその他のメニューやお知らせを、このブログにて詳しく提示しております。必要な情報は、「カテゴリー」からお選び頂き、チェックして頂けると嬉しいです。

セミナー講師 榮こころの臨床報告

 こんにちは。

マ・アールマリアヒーリング セミナー講師の榮こころです。

 

年が暮れるにつれて、原因不明の体調不良を訴える方々が増えてきました(^^;

そこで、今回は普段から「ヒーリングのみ」で治療を試みている私自身の、私も驚いた、臨床報告を挙げてみたいと思います。

 

40代女性 Nさん 工場内作業兼事務職

初診では、この方の娘さん(当時 高校生)の付き添いでヒーリング・カウンセリングセッションを希望されていらっしゃいました。

娘さんは、あることがきっかけで軽い鬱状態にあり、稀な自傷行為「抜毛症」(無意識に自分の髪の毛を抜き続ける)を発症。ヒーリング視点の診断で、第3チャクラ・第4チャクラの異常と、第6チャクラの異常による、非常に重い人間不信と情緒不安、そして虚脱状態により白昼夢のような状態にあることがわかりました。

娘さんは「ヒーリングを受けた後2~3日して元の状態に戻る」を繰り返していましたが、県外に就職が決まったことをきっかけに、施術がストップしてしまいました。

その約8ヶ月後、就職先で更に重い鬱を患い、帰郷したとの事。

そのショックで今度は母親のNさんが体調不良を訴え、サロンにいらっしゃいました。

 

Nさんの症状 

肉体:首がとにかく動かない・左右を見る時は首が痛くて、体ごと動かさなければならない。レントゲン等異常なし。整体に行っても良くならない。あげく突然、気管支喘息を抱えてしまった。 

環境・精神:家庭は娘を筆頭に暗く重い・殺伐とした雰囲気。ご主人と喧嘩が絶えない。これをどうにか変えたいがどうすれば良いのかわからない。

ヒーリング視点での診断

チャクラ:すべて停止・特に第4チャクラは潰れかけている。

オーラ:全体が暗い・第2層の著しい停滞

先ず、チャクラが全て停止している状態は、「餓死寸前」と同じ状況にあるので、早急にチャクラを開く事とエネルギーチャージが必要。

オーラ第2層=感情層 の停滞は、感情を頑なに押し殺している・もしくは感情コントロール(特に怒り)ができない状態。

 

首が動かない原因⇒肩から首にかけて分厚い「圧縮ブロック(感情抑圧ブロック)」が掛かっている事にあると思われる。

気管支喘息の原因⇒第4チャクラと密接な器官。圧縮ブロックの範囲が第4チャクラにまで掛かっている。

感情コントロールができない原因⇒全チャクラ停止と共に、第1・第7チャクラが繋がるべき「魂・自己」に繋がっていない為、「人生の迷子」状態である。

 

私が行ったヒーリングの治療手順

①真っ先にチャクラ調整。特に第4チャクラへのエネルギーチャージは入念に。

②第4チャクラ周辺の第3・第5チャクラの調整を細かく。

③気管支・肺などの「肉体」について、エネルギー調整。

④首~肩・胸 に掛かっているブロックを溶かす。

⑤自分のヒーリングガイドへ主導権をバトンタッチ

⑥ガイド:第3チャクラからのチャクラコードの調整をし、他の家族とのコードをしっかり繋ぎ直す。

⑦魂・自己の繋がりを示す「ライン」の調整

⑧オーラ第2層のエネルギーチャージ

⑨全体のオーラチャージ           

終了。(所要時間 25分)

 

手順の中に、なにやら「ブロック」や「チャクラコード」「ライン」「ヒーリングガイド」という言葉が出てきますが、この辺りはヒーリングセミナーアドバンスクラスで詳しく学ぶ内容です。

ヒーリングガイドについては…各ヒーラー個人の手助けを担当する、高次元の存在の事ですが…マスタークラスになると、受講生の方はみんな出会えます。...怪しくなるのでこれ以上はまたの機会に書かせて頂きます(笑)

 

Nさんの治療結果

ヒーリング終了直後の体感⇒首が動くようになり、左右前後、回転と嬉しそうに動かしていらっしゃった。 体温が戻ったように、全身がぽかぽかしてきた。 欝々した気持ちが、少し晴れやかに前向きになった。

 

後日2回目(2週間後)の来店時のNさんの報告

首はあれから全然痛くない。覇気・元気が出てきた。なぜか家族全員が良い方に変わり、鬱だった娘さんが突然前向きになり、アルバイトに行き始めた。殺伐としていた家庭内が再び明るく仲良くなった。

 

2回目のヒーリングでは、全体のエネルギー調整だけで十分でした。

現在、1ヶ月に1回、メンテナンスの為に通われています。

 

私自身も驚きましたが、ヒーリングを受けた本人だけでなく、その場にはいなかった、他のご家族にまで良い影響を与える事ができるのは、マ・アールマリアのエネルギー療法の最大の強みだと思います。

 

ヒーリング視点での診断力を上げるには、他の治療法と同様、経験を積むことが一番です。言い換えれば、患者に対して毎回真摯にニュートラルに・フラットに」対峙していけば、皆ができるようになります。 更に、他の治療法の視点・アナトミーの視点からの診断術のある治療家の方々を、私は羨ましくも思います。

 

マ・アールマリアに基礎は有りますが、その後は各々のオリジナルのヒーリングの形になっていきます。 それぞれの得意分野で存分に生かして頂ける面白いけど奥が深いエネルギー療法に、ご興味を持っていただけると嬉しいです。

 

今回は長くなりましたが、最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。